メインはWebサイト開発!Webプログラマーの仕事とは

Webサイト開発がメイン

Webサイト開発がメイン

Webプログラマーは、Webサイトに関するプロジェクトでプログラミングによって開発を行うことがメインの仕事になります。Webサイトを作成する際に、プログラミングが必要になる部分が出てきます。たとえばインターネットの掲示板やネットショッピングなどがそうですが、ユーザーからのアクションに対してリアクションするサービスを提供するためにはプログラミングをする必要があります。その部分を担当するのがWebプログラマーです。SIer(システムインテグレーター)のプログラマーと仕事内容は似ていますが、Webプログラマーの仕事はWebに特化しています。以前はHTMLを記述するだけでサイトを作成することができましたが、現在はHTMLだけでなくPHPやRuby、CSSやJavascriptなどのスキルや知識も必要になります。

2つに分けられる仕事

Webプログラマーの仕事は大きく2つに分けることができます。我々がインターネットのサイトを見る際に目に入ってくるデザインやユーザーインターフェイスなどの部分を開発するプログラマーと、我々の目には直接見えないようなサーバーで動くプログラムを作成するプログラマーの2つです。前者をフロントエンドプログラマーと呼び、後者をバックエンドプログラマーと呼びます。小規模な開発では両者を分けることはありませんが、大規模になると役割をはっきり2つに分けることがあります。

ユーザーの使いやすさを追求

Webプログラマーは、プロデューサーやディレクターなどが作成した仕様書に沿ってプログラミングを行い形にしていきます。作成したWebサイトはユーザーが利用するわけですが、その際に使いやすさやレスポンス速度などが悪いとユーザーが離れていってしまいます。従ってWebプログラマーは、ユーザーがサイトを快適に使用できるように工夫してプログラミングをすることが求められます。
たとえば表示の遅さがあるとそれだけで使う気が無くなることもあります。また、少しフォームやボタンの位置や形状が違うだけで売り上げに影響を及ぼすこともあります。Webプログラマーは、仕様書に沿ってプログラミングすることはもちろん、仕様書には書かれていないユーザビリティの面で工夫をする必要があります。そういったところにスキルの差が出るといってもいいでしょう。

未経験者がWebプログラマーになる方法

Webプログラマーの求人を見ると「未経験OK」の求人がかなりあります。このことからわかるように未経験者でも狙っていくことができる職種です。プログラミング未経験者にとってプログラミングをすることは難易度が高いことのように思いがちですが、プログラミング自体が体系化されていて学習がしやすくなっています。また研修でも身に付けやすいため、これからプログラミングを始めるという方も意欲と継続して努力することができれば仕事に就くことはできるでしょう。現段階でプログラミングがわからないからといってあきらめる必要はまったくありません。

Web業界の最新記事

Webサイト開発がメイン

ここではWebプログラマーの仕事について紹介したいと思います。Webプログラマーという呼び名に馴染みのない人でも、インターネットを利用したことがあれば彼らが作ったサービスを利用したことがあるはずです。ネットショッピングをする際のカートや、掲示板などのプログラミングを行っているのがWebプログラマーです。この仕事は未経験者でも就くことができます。インターネットの利用者は増加しているため需要も増えているWebプログラマーですが、まずは仕事内容から紹介したいと思います。

キャリアパスの選択肢

Webプログラマーの仕事に就いた後、どのような道を歩んでいけるのか気になる方もいるかと思います。ここではWebプログラマーのキャリアパスについて紹介していきます。Webプログラミングのスキルを高めてその道を究める道もあれば、Webプログラマーたちをまとめるリーダーの役割を歩む道、さらに経験を積んで事業の責任者になる道もあります。今回は3つに分けてキャリアパスを紹介しました。自分の将来を決めるための参考にしてみてください。

初心者からの勉強方法

プログラミングの勉強で一番大事なことはコードを書くことです。どのようなプログラミング言語の勉強をするにもコードを書いてみてプログラムを実行させてみることが一番の勉強法です。とは言え、プログラミングの初心者の方にはどうやって勉強を進めていけばいいのかよくわからないかと思います。そこで今回は、初心者や未経験者の方を対象にプログラミング学習の進め方を紹介したいと思います。環境を整えて実際にチャレンジしてみましょう。

Web業界に興味のある学生へ

資格は信頼の証

Webプログラマーとして仕事をするのであれば、関連する資格を持っていると有利になるケースがあります。資格というのはその人が持っている知識やスキルを第三者が保証しているわけですから、あると採用の際に有利になります。現在Webプログラマーとして現場での経験が少なめだという方も、知識やスキルに自信があるのでしたら資格の取得にチャレンジしてみてください。レベルの高い仕事に出会うきっかけになるかもしれません。それではWebプログラマー向けの資格をいくつか紹介していきたいと思います。

独立を視野に入れよう

企業で働いている方の中には今の自分の報酬に満足されていない方がいるかと思います。かなり高いスキルを持っているのにそれが評価されていなかったり、スキルを発揮できる場面がなかったりすると、宝の持ち腐れになってしまいます。フリーランスへ転向すると自分のスキルが報酬へと反映されやすくなりますから、報酬アップを目指すのであればフリーランスを目指してみることをおすすめします。ここではフリーランスになるメリットや、フリーランスになるならぜひ活用したい「エージェント」についても解説します。

未経験で転職するには

現在Web関連とは無縁の仕事をされているという方で、もしWeb業界の仕事に興味があるのでしたら、転職してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。Webプログラマーの仕事でしたらプログラミングの経験がまったく無くても就くことができます。ただし、採用されるためにはいくつか条件を満たしている必要があります。ここでは、プログラミング未経験者が採用の際にチェックされるポイントを紹介したいと思います。ぜひ自分で自分をチェックしてみてください。

カテゴリ一覧