Webプログラマーからのキャリアパスとは?

キャリアパスの選択肢

キャリアパスの選択肢

Webプログラマーのキャリアパスは3種類に分けられると考えられます。まずはWebプログラマーとしてプログラミングの仕事を中心に続けていく『プレイヤータイプ』があります。次に、プログラマーとしての経験(=プレイヤーとしての経験)を活かしてプログラマーたちの管理を行ったり、製品の品質向上を目指してチームのリーダー的役割を担う『システムマネージャー』があります。そして3つ目は、経営などに関わる『事業統括責任者』です。
キャリアパスはこの3つに分けられますが、企業の規模によってはプログラミングを担当するシステムマネージャーがいたり、プレイヤーの役割もシステムマネージャーの役割もこなす事業責任者もいます。ここでは3つの層に分けて紹介していますが、大企業などでは3つ以上の層に分けていることもあります。

プレイヤーとしてのキャリアとレベル

Webプログラマーとして入社すると、まずは研修などで必要になるスキルを身に付けることになり、その後プロジェクトに配置されます。ほとんどの場合、最初は先輩に指導されながら先輩のプログラマーが既に作成したものの改善や運用を行うことになります。そこで経験を積んでスキルを上げた後は、新しい機能の導入や開発、あるいは新規プロジェクトの立ち上げに加わる人もでてきます。新規プロジェクトの立ち上げ段階から関わるということは、実装だけでなく設計をもこなせるスキルが必要になります。こういった新規のプロジェクトや機能導入に携わる人は、Webプログラマーとしてより高いレベルにいると言えるでしょう。プレイヤーとしてのレベルが上がってきたら、さらに高いレベルを目指してシステムマネージャーになることを考えてみることをおすすめします。

システムマネージャーへのキャリアパス

システムマネージャーになるためには、まずはプレイヤーとしてのスキルを向上させ、経験を積む必要があります。システムマネージャーがスタートポイントになるということはまずありません。なぜならプログラマー達を管理してまとめていくためにはプレイヤーとしての経験やスキルが必要になるからです。システムマネージャーになると、入社した新人の教育も行います。企業によっては先輩プレイヤーが新人の教育を担当することもあります。
しかし実際には、プレイヤーとして経験を積んでスキルもあるからといって、教えることが得意とは限らないようです。基本的には、人に教える素質のある人や人をまとめる能力のある人がシステムマネージャーに向いていると思います。そういった仕事に向いていないのに管理の仕事をまかせるのはストレスになり、最悪の場合、プレイヤーとして会社に必要な人材なのに辞められてしまうこともありますから、やはり向き不向きを考えることが必要です。

事業責任者へのキャリアパス

事業責任者になるまでのキャリアパスを紹介します。まずはプレイヤーとして経験を積み、システムマネージャーとしてプレイヤーを管理をすることを経験した後に事業責任者になるという道のりをほとんどの方が歩むことになるかと思います。この段階までくるとプログラミングをすることはほとんどなくなり、いかに成果を出していくかが求められます。会社が求める数字を出すために、どのような事業を作りどういった成果を出すかを考えるのが職務になります。

Web業界の最新記事

税理士紹介もある「レバテックフリーランス」

レバテックフリーランスでは、一般的な求人案内では見られない、案件紹介サービスを提供しています。フリーランスエンジニアの多くは、得意なジャンルで活躍していきたい、興味のあるジャンルなのでぜひ挑戦したい、といった自分なりのビジョンを持っています。その気持を応援すると共に、高単価な案件や大手企業の案件といった質の良い仕事を案内。また、履歴書や職務経歴書の作成、面接対策、確定申告のサポートも行っています。なかでも、確定申告に関する税理士の紹介は相場よりお手頃価格で好評です。ぜひ、参考にしてみてください。

初心者からの勉強方法

プログラミングの勉強で一番大事なことはコードを書くことです。どのようなプログラミング言語の勉強をするにもコードを書いてみてプログラムを実行させてみることが一番の勉強法です。とは言え、プログラミングの初心者の方にはどうやって勉強を進めていけばいいのかよくわからないかと思います。そこで今回は、初心者や未経験者の方を対象にプログラミング学習の進め方を紹介したいと思います。環境を整えて実際にチャレンジしてみましょう。

Webプログラマーの適性

ここでは、Webプログラマーの適性について紹介したいと思います。なろうと思えば誰でもWebプログラマーを目指せるものの、適性がなければ、仕事を続けていくのは難しいかもしれません。苦労して身につけたWebプログラミングのスキルが無駄になる…といった事態を避けるためにも、自身がWebプログラマーに向いているか、事前に見極めておきましょう。

Web業界に興味のある学生へ

資格は信頼の証

Webプログラマーとして仕事をするのであれば、関連する資格を持っていると有利になるケースがあります。資格というのはその人が持っている知識やスキルを第三者が保証しているわけですから、あると採用の際に有利になります。現在Webプログラマーとして現場での経験が少なめだという方も、知識やスキルに自信があるのでしたら資格の取得にチャレンジしてみてください。レベルの高い仕事に出会うきっかけになるかもしれません。それではWebプログラマー向けの資格をいくつか紹介していきたいと思います。

独立を視野に入れよう

企業で働いている方の中には今の自分の報酬に満足されていない方がいるかと思います。かなり高いスキルを持っているのにそれが評価されていなかったり、スキルを発揮できる場面がなかったりすると、宝の持ち腐れになってしまいます。フリーランスへ転向すると自分のスキルが報酬へと反映されやすくなりますから、報酬アップを目指すのであればフリーランスを目指してみることをおすすめします。ここではフリーランスになるメリットや、フリーランスになるならぜひ活用したい「エージェント」についても解説します。

未経験で転職するには

現在Web関連とは無縁の仕事をされているという方で、もしWeb業界の仕事に興味があるのでしたら、転職してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。Webプログラマーの仕事でしたらプログラミングの経験がまったく無くても就くことができます。ただし、採用されるためにはいくつか条件を満たしている必要があります。ここでは、プログラミング未経験者が採用の際にチェックされるポイントを紹介したいと思います。ぜひ自分で自分をチェックしてみてください。

カテゴリ一覧