活躍中のWebプログラマーは「Poople」でキャリアアップ求人探し

Webパーソンに特化した「Poole」

Webパーソンに特化した「Poole」

Poole(プール)はIT・Web関連の仕事をしている方々のための転職サイトです。Pooleで扱っている求人情報は「読む」ことができるというところに特徴があります。ただ箇条書きで採用条件等が書かれている求人情報では、どういった企業なのかなかなか伝わってこないものです。Pooleでは自社の魅力を伝えるための採用担当者の言葉が多数掲載されていますので「読む」ことができますので企業の様子が伝わってきます。企業の雰囲気を重視したい方にとって非常に有益な情報となるかと思います。Pooleが対象としているのはWebパーソンです。Webプログラマーやデザイナーなどのクリエイターだけでなく、マーケターやアナリスト、ディレクターなどWebの仕事に従事している方であればすべてが「Webパーソン」です。Web制作会社はもちろんのこと、企業のWeb部門担当者などWebに関連する仕事を行っている方全てが対象となります。Webの仕事というとクリエイター職が注目されがちですが、クリエイター以外の方(マーケターやディレクター)でも転職先を探せるようになっています。

「Poole」で行っている転職サービスについて

Pooleを利用することで条件の良い求人を見つけることができます。そのための機能のひとつに「フォロー機能」があります。気になる企業が見つかったらその企業をフォローしてください。するとその企業の最新求人情報が届くようになります。希望の企業が求人を出したタイミングに合わせて行動に移すことができます。
また、今すぐには転職する予定はないものの、気になる企業がどのような求人を行っているのか分析したいという方にも便利だと思います。その他にはスカウトメールの機能があります。この機能を利用するためにはまずプロフィールを作成する必要があります。匿名でかまいませんので、これまでの経験やスキル、持っている資格などを記入しておきましょう。すると自分に興味を持った企業のほうからスカウトのメールが届くようになります。プロフィールを充実させたほうがより自分にマッチした企業からスカウトメールを受けることができるようになります。良い企業と出会うためにもぜひプロフィールを充実させてみてください。

登録から応募までの流れ

Pooleを利用するためにはメールかFacebookアカウントでの登録が必要です。利用はもちろん無料です。登録にかかる時間は1分程度ですので、すぐに利用を開始できます。登録を行ったら求人・企業との出会いましょう。サイトを活用して自分にマッチした企業を探してみてください。気に入なる企業が見つかったらフォロー機能を利用しましょう。企業に応募する際は応募フォームを利用してエントリーします。応募フォームに書かれたことは企業はちゃんと目を通していますので、しっかり自分をアピールしましょう。記入した応募フォームをもとに企業が直接選考を行うことになります。

求人詳細を確認したい方はこちらご覧下さい求人詳細を確認したい方はこちらご覧下さい
Web業界に特化したPooleを活用して、いい出会いを見つけてくださいね。

Web業界の最新記事

Webサイト開発がメイン

ここではWebプログラマーの仕事について紹介したいと思います。Webプログラマーという呼び名に馴染みのない人でも、インターネットを利用したことがあれば彼らが作ったサービスを利用したことがあるはずです。ネットショッピングをする際のカートや、掲示板などのプログラミングを行っているのがWebプログラマーです。この仕事は未経験者でも就くことができます。インターネットの利用者は増加しているため需要も増えているWebプログラマーですが、まずは仕事内容から紹介したいと思います。

キャリアパスの選択肢

Webプログラマーの仕事に就いた後、どのような道を歩んでいけるのか気になる方もいるかと思います。ここではWebプログラマーのキャリアパスについて紹介していきます。Webプログラミングのスキルを高めてその道を究める道もあれば、Webプログラマーたちをまとめるリーダーの役割を歩む道、さらに経験を積んで事業の責任者になる道もあります。今回は3つに分けてキャリアパスを紹介しました。自分の将来を決めるための参考にしてみてください。

初心者からの勉強方法

プログラミングの勉強で一番大事なことはコードを書くことです。どのようなプログラミング言語の勉強をするにもコードを書いてみてプログラムを実行させてみることが一番の勉強法です。とは言え、プログラミングの初心者の方にはどうやって勉強を進めていけばいいのかよくわからないかと思います。そこで今回は、初心者や未経験者の方を対象にプログラミング学習の進め方を紹介したいと思います。環境を整えて実際にチャレンジしてみましょう。

Web業界に興味のある学生へ

資格は信頼の証

Webプログラマーとして仕事をするのであれば、関連する資格を持っていると有利になるケースがあります。資格というのはその人が持っている知識やスキルを第三者が保証しているわけですから、あると採用の際に有利になります。現在Webプログラマーとして現場での経験が少なめだという方も、知識やスキルに自信があるのでしたら資格の取得にチャレンジしてみてください。レベルの高い仕事に出会うきっかけになるかもしれません。それではWebプログラマー向けの資格をいくつか紹介していきたいと思います。

独立を視野に入れよう

企業で働いている方の中には今の自分の報酬に満足されていない方がいるかと思います。かなり高いスキルを持っているのにそれが評価されていなかったり、スキルを発揮できる場面がなかったりすると、宝の持ち腐れになってしまいます。フリーランスへ転向すると自分のスキルが報酬へと反映されやすくなりますから、報酬アップを目指すのであればフリーランスを目指してみることをおすすめします。ここではフリーランスになるメリットや、フリーランスになるならぜひ活用したい「エージェント」についても解説します。

未経験で転職するには

現在Web関連とは無縁の仕事をされているという方で、もしWeb業界の仕事に興味があるのでしたら、転職してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。Webプログラマーの仕事でしたらプログラミングの経験がまったく無くても就くことができます。ただし、採用されるためにはいくつか条件を満たしている必要があります。ここでは、プログラミング未経験者が採用の際にチェックされるポイントを紹介したいと思います。ぜひ自分で自分をチェックしてみてください。

カテゴリ一覧