Webプログラマーは独立してフリーランスとして活躍してみては?

独立を視野に入れよう

独立を視野に入れよう

プログラマーは2種類に分けられるかと思います。1つは企業に属して働くプログラマーです。もう1種類はフリーランスのプログラマーです。フリーランスとは会社などに属せず個人で仕事をしている個人事業主のことを言います。フリーランスの特徴はいろいろありますが、フリーランスは企業に属していませんから給与は報酬として仕事相手から貰うというのが特徴の1つにあります。
以前までですと個人事業主というと農業や建設、小売などの業種に多かったのですが、現在はパソコンが各家庭に浸透してインターネットが普及したこともあり、プログラマーのフリーランスが増加しています。アメリカでもフリーランスは増加しており、3割強の労働者が自分をフリーランスと認識しているという調査もあるようです。

能力次第で高収入も可能

フリーランスとして働くことのメリットの1つに、高収入が得られるというメリットがあります。これはフリーランスになると自分のスキルが報酬に反映されるためです。企業に属しているとかなりのスキルを持っていても給与になかなか反映されないということはよくあることです。高いスキルを持ったWebプログラマーなら、フリーランスになることでかなりの高収入を得ることが可能です。企業で働く人は源泉徴収になりますが、フリーランスになると自分で確定申告をする必要があります。仕事で購入したものが必要経費として計上できるようきちんと領収書を取っておくようにすれば、節税へとつながります。

エージェントを活用しよう

フリーランスになった方やこれからなろうという方の中には、仕事を上手く見つけられるかどうかという不安があるかと思います。そういった方はぜひエージェントを活用してみてください。エージェントは、フリーランスの方に代わって仕事を見つけてきてくれるなど、利用することで大きなメリットを得ることができます。

自分に合った案件を見つけてくれる

フリーランスとして仕事をしていると、仕事を探すのに手間がかかることに気付くかと思います。自分に合った仕事を見つけるとなるとなかなか難しいかと思います。自分に合った仕事を見つけたいのでしたらぜひエージェントを利用してみてください。エージェントと契約すると、自分に合った仕事を紹介してくれます。エージェントと契約して自分の希望を伝えてください。業界のことを熟知しているエージェントが自分の希望にマッチした仕事を見つけてくれます。これはフリーランスにとって頼もしい存在と言えるでしょう。

営業を代行してくれる

自分の望むような仕事にありつくためには、交流会での自己PRなどで自分を売り込む営業活動をする必要があります。これは営業が苦手な方にとっては大変なことだと思います。エージェントなら営業活動も代行してやってくれます。エージェントが自分の売り込みをしてくれますので、自分の希望に合った良い案件が見つかることに繋がります。

単価交渉も代行してくれる

フリーランスとして働いていると、仕事が欲しいがために安い単価の仕事を契約してしまうことがあるかと思います。もっと高い単価の仕事がしたい場合、交渉が必要になります。エージェントはこの価格交渉も代行してくれます。せっかく自分のスキルが報酬へと反映されるフリーランスになったのですから、スキルのある人はエージェントを活用して報酬アップに繋げたいものです。

Web業界の最新記事

Webサイト開発がメイン

ここではWebプログラマーの仕事について紹介したいと思います。Webプログラマーという呼び名に馴染みのない人でも、インターネットを利用したことがあれば彼らが作ったサービスを利用したことがあるはずです。ネットショッピングをする際のカートや、掲示板などのプログラミングを行っているのがWebプログラマーです。この仕事は未経験者でも就くことができます。インターネットの利用者は増加しているため需要も増えているWebプログラマーですが、まずは仕事内容から紹介したいと思います。

キャリアパスの選択肢

Webプログラマーの仕事に就いた後、どのような道を歩んでいけるのか気になる方もいるかと思います。ここではWebプログラマーのキャリアパスについて紹介していきます。Webプログラミングのスキルを高めてその道を究める道もあれば、Webプログラマーたちをまとめるリーダーの役割を歩む道、さらに経験を積んで事業の責任者になる道もあります。今回は3つに分けてキャリアパスを紹介しました。自分の将来を決めるための参考にしてみてください。

初心者からの勉強方法

プログラミングの勉強で一番大事なことはコードを書くことです。どのようなプログラミング言語の勉強をするにもコードを書いてみてプログラムを実行させてみることが一番の勉強法です。とは言え、プログラミングの初心者の方にはどうやって勉強を進めていけばいいのかよくわからないかと思います。そこで今回は、初心者や未経験者の方を対象にプログラミング学習の進め方を紹介したいと思います。環境を整えて実際にチャレンジしてみましょう。

Web業界に興味のある学生へ

資格は信頼の証

Webプログラマーとして仕事をするのであれば、関連する資格を持っていると有利になるケースがあります。資格というのはその人が持っている知識やスキルを第三者が保証しているわけですから、あると採用の際に有利になります。現在Webプログラマーとして現場での経験が少なめだという方も、知識やスキルに自信があるのでしたら資格の取得にチャレンジしてみてください。レベルの高い仕事に出会うきっかけになるかもしれません。それではWebプログラマー向けの資格をいくつか紹介していきたいと思います。

独立を視野に入れよう

企業で働いている方の中には今の自分の報酬に満足されていない方がいるかと思います。かなり高いスキルを持っているのにそれが評価されていなかったり、スキルを発揮できる場面がなかったりすると、宝の持ち腐れになってしまいます。フリーランスへ転向すると自分のスキルが報酬へと反映されやすくなりますから、報酬アップを目指すのであればフリーランスを目指してみることをおすすめします。ここではフリーランスになるメリットや、フリーランスになるならぜひ活用したい「エージェント」についても解説します。

未経験で転職するには

現在Web関連とは無縁の仕事をされているという方で、もしWeb業界の仕事に興味があるのでしたら、転職してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。Webプログラマーの仕事でしたらプログラミングの経験がまったく無くても就くことができます。ただし、採用されるためにはいくつか条件を満たしている必要があります。ここでは、プログラミング未経験者が採用の際にチェックされるポイントを紹介したいと思います。ぜひ自分で自分をチェックしてみてください。

カテゴリ一覧