転職、独立、未経験求人など。Webプログラマーとして活躍しよう!

Webプログラマーとして活躍しよう!

Webプログラマーとして活躍しよう!

未経験からWebプログラマー求人に採用されるために知っておきたいことや、ある程度スキルを積んだWebプログラマー向けのキャリアアップ転職求人探しに役立つ情報などを紹介します。経験豊富な中堅Webプログラマーなら、フリーランスとしての独立も視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか。最近はフリーランス求人も増えている上にマッチングサービスも充実しているので、仕事探しも楽になってきています。フリーランスの仕事探しに役立つ情報も紹介しますので参考にしてみてください。

Webパーソンに特化した「Poole」

Webパーソンに特化した「Poole」

転職活動を行っているWebプログラマーの方は、現在どのような転職サイトを使って情報を集めているでしょうか?求人情報を総合的に扱っているサイトを使うのも大変便利ですが、Webプログラマーのような専門的な職業の場合、その職種に特化した転職サイトを利用するのが便利です。Webプログラマーであれば「Poole(プール)」がおすすめです。Webプログラマーなどのクリエイター職だけでなく、ディレクターやアナリストなどWebの仕事に従事している方すべてを対象としているのが特徴です。

独立を視野に入れよう

独立を視野に入れよう

フリーランスで働くことには様々なメリットがありますが、一番大きいのは企業に勤めていた時よりも収入がアップするところでしょう。フリーランスの世界は自分の持っているスキルが給料へと反映されるため、能力で評価される世界と言えるかと思います。しかしいくら能力があっても、自分の能力を発揮できる仕事が上手く見つかるかどうかはわかりません。そういった場合、自分にマッチする仕事を探してくれるエージェントを活用してみるといいでしょう。ここではフリーランスになるメリットとエージェントを利用するメリットを紹介します。

税理士紹介もある「レバテックフリーランス」

税理士紹介もある「レバテックフリーランス」

フリーランスで仕事をしている方の中には、仕事を探すのに時間や手間がかかることを気にされている方や、自分にマッチした仕事が見つからないと悩んでいる方もいるかと思います。そういった方はレバテックフリーランスを利用してみてはいかがでしょうか。レバテックフリーランスではフリーランスのエンジニアを対象にその人に合った案件情報を提供し、面談日の日程調整なども代行してくれるサービスを行っています。何かと手間のかかる仕事探しを楽に進めることができるレバテックフリーランスについてご紹介します。

ビッグデータに強い「BIG DATA NAVI」

ビッグデータに強い「BIG DATA NAVI」

最近ビッグデータという言葉を耳にするようになりました。ビッグデータとは簡単に言うとすれば、巨大で複雑なデータのことを言います。これらのビッグデータを元に、様々な研究が行われています。今回紹介する「BIG DATA NAVI」では、ビッグデータ関連の求人案件を紹介している案件サイトです。ネットなどで収集された巨大なデータを分析するには高いスキルが求められますが、その分報酬が高い仕事が多いのでやりがいがあると言えるでしょう。

未経験で転職するには

未経験で転職するには

転職サイトでWebプログラマーの募集要項を見ると「未経験OK」という求人が多くあります。Webプログラマー以外の仕事をされている方は本当に未経験でも採用してくれるのかと疑問に思うことでしょう。実際、未経験者でもWebプログラマーに転職することは可能です。もちろん誰でも採用されるというわけではなく、採用の担当者はその人に適性があるかどうかを見極めるわけです。未経験者がWebプログラマーになるのに必要な条件を紹介したいと思います。

Web業界の最新記事

Webサイト開発がメイン

ここではWebプログラマーの仕事について紹介したいと思います。Webプログラマーという呼び名に馴染みのない人でも、インターネットを利用したことがあれば彼らが作ったサービスを利用したことがあるはずです。ネットショッピングをする際のカートや、掲示板などのプログラミングを行っているのがWebプログラマーです。この仕事は未経験者でも就くことができます。インターネットの利用者は増加しているため需要も増えているWebプログラマーですが、まずは仕事内容から紹介したいと思います。

キャリアパスの選択肢

Webプログラマーの仕事に就いた後、どのような道を歩んでいけるのか気になる方もいるかと思います。ここではWebプログラマーのキャリアパスについて紹介していきます。Webプログラミングのスキルを高めてその道を究める道もあれば、Webプログラマーたちをまとめるリーダーの役割を歩む道、さらに経験を積んで事業の責任者になる道もあります。今回は3つに分けてキャリアパスを紹介しました。自分の将来を決めるための参考にしてみてください。

初心者からの勉強方法

プログラミングの勉強で一番大事なことはコードを書くことです。どのようなプログラミング言語の勉強をするにもコードを書いてみてプログラムを実行させてみることが一番の勉強法です。とは言え、プログラミングの初心者の方にはどうやって勉強を進めていけばいいのかよくわからないかと思います。そこで今回は、初心者や未経験者の方を対象にプログラミング学習の進め方を紹介したいと思います。環境を整えて実際にチャレンジしてみましょう。

Web業界に興味のある学生へ

資格は信頼の証

Webプログラマーとして仕事をするのであれば、関連する資格を持っていると有利になるケースがあります。資格というのはその人が持っている知識やスキルを第三者が保証しているわけですから、あると採用の際に有利になります。現在Webプログラマーとして現場での経験が少なめだという方も、知識やスキルに自信があるのでしたら資格の取得にチャレンジしてみてください。レベルの高い仕事に出会うきっかけになるかもしれません。それではWebプログラマー向けの資格をいくつか紹介していきたいと思います。

独立を視野に入れよう

企業で働いている方の中には今の自分の報酬に満足されていない方がいるかと思います。かなり高いスキルを持っているのにそれが評価されていなかったり、スキルを発揮できる場面がなかったりすると、宝の持ち腐れになってしまいます。フリーランスへ転向すると自分のスキルが報酬へと反映されやすくなりますから、報酬アップを目指すのであればフリーランスを目指してみることをおすすめします。ここではフリーランスになるメリットや、フリーランスになるならぜひ活用したい「エージェント」についても解説します。

未経験で転職するには

現在Web関連とは無縁の仕事をされているという方で、もしWeb業界の仕事に興味があるのでしたら、転職してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。Webプログラマーの仕事でしたらプログラミングの経験がまったく無くても就くことができます。ただし、採用されるためにはいくつか条件を満たしている必要があります。ここでは、プログラミング未経験者が採用の際にチェックされるポイントを紹介したいと思います。ぜひ自分で自分をチェックしてみてください。

カテゴリ一覧