Webプログラマー求人を目指す初心者に役立つ資格とは

資格は信頼の証

資格は信頼の証

Webプログラマーになるために必ずしも資格が必要というわけではありません。しかし、第三者から身に付けたスキルを証明してもらうことができるので就職や転職の際には有利になるでしょう。Webプログラマーにおすすめの資格を紹介します。

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は経済産業省が行っているIT関連の国家試験です。平成16年1月に独立行政法人情報処理推進機構(lPA)が設立されたことを機に、試験は同機構に移管され引き続き実施されています。この資格試験では特定のソフトに関する知識が問われるのではなく、基礎的な技能や知っておくべき原理など、幅広い知識があるかどうかが問われます。試験は春期と秋期の年2回行われています。試験にはレベルが設定されています。レベル2の基本情報技術者試験を取得するためには、基本的な知識や技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けている必要があります。レベル3の応用情報技術者試験では、応用的知識や技能を持ち、高いレベルのIT人材である必要があります。

PHP技術者認定試験

Webプログラマーの仕事でよく使うプログラミング言語「PHP」に関する資格がこのPHP技術者認定試験です。PHP技術者認定機構が認定している資格で、レベルが3段階に分かれています。この資格ではPHPに関する専門技術をきちんと評価することと、それによってWebプログラマーとしての雇用機会などを拡大へと繋げることを目標としています。この資格を持っていると自分のスキルや知識の証しになりますので、PHPプログラマーは取得を目指したい資格ということになるでしょう。

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験は、Rubyベースの開発を行うプログラマーやエンジニア、あるいはRubyを教える講師を対象とした認定試験です。Ruby技術者として評価され、高い水準の開発能力を持っていることで認定されます。資格にはレベルがあり、シルバーでは基本的な技術レベルを持っているかどうかが問われます。ゴールドを取得するためには、シルバーからさらに掘り下げた知識や、クラスやオブジェクトなどの知識、プログラム設計技術等を持っている必要があります。

Oracle Certified Java Programmer

Oracle Certified Java Programmerは、Oracleが作ったJavaに関する資格です。Webプログラマーの仕事ではJavaが必要になることもあるため、この資格を持っておくとスキルや知識の証明になります。レベルが3段階に分かれていますので、自分のスキルや知識に合ったレベルの試験を受けるようにしましょう。

資格を効率的に取得するためには

Webプログラマーに関する資格を取得するための勉強は個人でもすることも可能ですが、試験合格までの勉強を効率良く進めていきたいのでしたら、試験対策の講座を受けると良いでしょう。そこで、資格取得におすすめの学校・講座をピックアップしましたのでここで紹介したいと思います。

「資格の大原」は、資格関連の学校・講座として有名だと思います。「資格の大原」でも情報処理技術者に関する講座が設置されています。

スクール詳細を確認したい方はこちらご覧下さいスクール詳細を確認したい方はこちらご覧下さい
資格の大原では基本情報技術者・応用情報技術者(情報処理技術者試験)の試験対策講座がありますので、情報処理技術者試験を受けたいという方におすすめです。

他にもネットワークやデータベースのスペシャリストを目指す人のための講座や、プログラミングの講座なども用意されています。

「アシアル」には、PHP技術者認定試験対策のスクールがありますのでPHPの資格を取りたい方におすすめです。効率よく試験勉強を行いたい人や、PHPに関する幅広い知識を身に付けたい人におすすめです。

スクール詳細を確認したい方はこちらご覧下さいスクール詳細を確認したい方はこちらご覧下さい
アシアルはWebプログラマーに必要な知識を学べるスクールもありますので、プログラミングの学習を始めてまだ間もない方にもおすすめです。

Web業界の最新記事

Webサイト開発がメイン

ここではWebプログラマーの仕事について紹介したいと思います。Webプログラマーという呼び名に馴染みのない人でも、インターネットを利用したことがあれば彼らが作ったサービスを利用したことがあるはずです。ネットショッピングをする際のカートや、掲示板などのプログラミングを行っているのがWebプログラマーです。この仕事は未経験者でも就くことができます。インターネットの利用者は増加しているため需要も増えているWebプログラマーですが、まずは仕事内容から紹介したいと思います。

キャリアパスの選択肢

Webプログラマーの仕事に就いた後、どのような道を歩んでいけるのか気になる方もいるかと思います。ここではWebプログラマーのキャリアパスについて紹介していきます。Webプログラミングのスキルを高めてその道を究める道もあれば、Webプログラマーたちをまとめるリーダーの役割を歩む道、さらに経験を積んで事業の責任者になる道もあります。今回は3つに分けてキャリアパスを紹介しました。自分の将来を決めるための参考にしてみてください。

初心者からの勉強方法

プログラミングの勉強で一番大事なことはコードを書くことです。どのようなプログラミング言語の勉強をするにもコードを書いてみてプログラムを実行させてみることが一番の勉強法です。とは言え、プログラミングの初心者の方にはどうやって勉強を進めていけばいいのかよくわからないかと思います。そこで今回は、初心者や未経験者の方を対象にプログラミング学習の進め方を紹介したいと思います。環境を整えて実際にチャレンジしてみましょう。

Web業界に興味のある学生へ

資格は信頼の証

Webプログラマーとして仕事をするのであれば、関連する資格を持っていると有利になるケースがあります。資格というのはその人が持っている知識やスキルを第三者が保証しているわけですから、あると採用の際に有利になります。現在Webプログラマーとして現場での経験が少なめだという方も、知識やスキルに自信があるのでしたら資格の取得にチャレンジしてみてください。レベルの高い仕事に出会うきっかけになるかもしれません。それではWebプログラマー向けの資格をいくつか紹介していきたいと思います。

独立を視野に入れよう

企業で働いている方の中には今の自分の報酬に満足されていない方がいるかと思います。かなり高いスキルを持っているのにそれが評価されていなかったり、スキルを発揮できる場面がなかったりすると、宝の持ち腐れになってしまいます。フリーランスへ転向すると自分のスキルが報酬へと反映されやすくなりますから、報酬アップを目指すのであればフリーランスを目指してみることをおすすめします。ここではフリーランスになるメリットや、フリーランスになるならぜひ活用したい「エージェント」についても解説します。

未経験で転職するには

現在Web関連とは無縁の仕事をされているという方で、もしWeb業界の仕事に興味があるのでしたら、転職してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。Webプログラマーの仕事でしたらプログラミングの経験がまったく無くても就くことができます。ただし、採用されるためにはいくつか条件を満たしている必要があります。ここでは、プログラミング未経験者が採用の際にチェックされるポイントを紹介したいと思います。ぜひ自分で自分をチェックしてみてください。

カテゴリ一覧