Webプログラマーのスキルとプログラミング言語の種類

プログラミング言語の種類

プログラミング言語の種類

効率的にWebプログラマーを目指すために、学ぶべきプログラミング言語を選定しましょう。まず、それぞれの言語の概要を説明します。

PHP

PHP(ピーエイチピー)はWebで広く使われているプログラミング言語です。習得が比較的簡単なところが魅力と言えるでしょう。そのため多くの開発者がおり、PHPに関する書籍やネットの情報なども豊富です。データベースを利用する際によくPHPが使われます。また、ソーシャルアプリゲームを見るとPHPで開発されていることが多いようです。多くのライブラリが存在しているためプログラミングの環境も整っており、デバッグも容易なほうですが、プログラムを思ったように動作させるためには全体の流れやポイントをしっかり把握している必要があります。

Perl

Perl(パール)もWeb関連でよく使われているプログラミング言語です。以前はかなり人気で掲示板などの作成でよく使われていましたが、現在はPHPが使われることが多くなってきているようです。以前ほど人気ではないものの、まだまだPerlの技術者は存在します。言語の習得も簡単な部類に入ります。個人での学習もしやすいプログラミング言語です。

Python

Python(パイソン)はとくに海外で人気のあるプログラミング言語で、Javaと同じように環境に依存することなく動作させることができるのが特徴です。プログラムを記述する際にインデントを用いるため、ソースコードがきれいで見やすくなるという特徴もあります。ちなみにインデントとは行の先頭の空白のことで、他のプログラミング言語ではこの空白部分は意味を持たないのですが、Pythonでは空白が意味を持つようになっています。日本ではあまりメジャーではないプログラミング言語で、技術者も少なめです。

Ruby

Ruby(ルビー)は日本人が開発したプログラミング言語です。そのためか最近日本で人気が出てきており、Rubyの講座なども多く開かれています。学習のための書籍やサイトも多くあります。現在技術者の数はあまり多くはないものの、今後利用者が増えることが見込まれるため増えてくるものと思われます。「Rubyを使ったプログラミングは楽しい」というプログラマーの方の評価をよく耳にします。

ASP/ASP.net

ASP/ASP.net(エーエスピー/エーエスピードットネット)は、Microsoftが開発したプログラミング言語です。ASP/ASP.netはWindows系のサーバー上で動作し、MicrosoftがVisual開発で使用しているC++やC#、VBなどの言語と組み合わせて使用する言語です。サーバーとしてWindowsサーバーがあまり普及していないため、その上で動作するASP/ASP.netもあまり普及していないのが現状です。また開発者も少ないようです。

Web業界の最新記事

Webサイト開発がメイン

ここではWebプログラマーの仕事について紹介したいと思います。Webプログラマーという呼び名に馴染みのない人でも、インターネットを利用したことがあれば彼らが作ったサービスを利用したことがあるはずです。ネットショッピングをする際のカートや、掲示板などのプログラミングを行っているのがWebプログラマーです。この仕事は未経験者でも就くことができます。インターネットの利用者は増加しているため需要も増えているWebプログラマーですが、まずは仕事内容から紹介したいと思います。

キャリアパスの選択肢

Webプログラマーの仕事に就いた後、どのような道を歩んでいけるのか気になる方もいるかと思います。ここではWebプログラマーのキャリアパスについて紹介していきます。Webプログラミングのスキルを高めてその道を究める道もあれば、Webプログラマーたちをまとめるリーダーの役割を歩む道、さらに経験を積んで事業の責任者になる道もあります。今回は3つに分けてキャリアパスを紹介しました。自分の将来を決めるための参考にしてみてください。

初心者からの勉強方法

プログラミングの勉強で一番大事なことはコードを書くことです。どのようなプログラミング言語の勉強をするにもコードを書いてみてプログラムを実行させてみることが一番の勉強法です。とは言え、プログラミングの初心者の方にはどうやって勉強を進めていけばいいのかよくわからないかと思います。そこで今回は、初心者や未経験者の方を対象にプログラミング学習の進め方を紹介したいと思います。環境を整えて実際にチャレンジしてみましょう。

Web業界に興味のある学生へ

資格は信頼の証

Webプログラマーとして仕事をするのであれば、関連する資格を持っていると有利になるケースがあります。資格というのはその人が持っている知識やスキルを第三者が保証しているわけですから、あると採用の際に有利になります。現在Webプログラマーとして現場での経験が少なめだという方も、知識やスキルに自信があるのでしたら資格の取得にチャレンジしてみてください。レベルの高い仕事に出会うきっかけになるかもしれません。それではWebプログラマー向けの資格をいくつか紹介していきたいと思います。

独立を視野に入れよう

企業で働いている方の中には今の自分の報酬に満足されていない方がいるかと思います。かなり高いスキルを持っているのにそれが評価されていなかったり、スキルを発揮できる場面がなかったりすると、宝の持ち腐れになってしまいます。フリーランスへ転向すると自分のスキルが報酬へと反映されやすくなりますから、報酬アップを目指すのであればフリーランスを目指してみることをおすすめします。ここではフリーランスになるメリットや、フリーランスになるならぜひ活用したい「エージェント」についても解説します。

未経験で転職するには

現在Web関連とは無縁の仕事をされているという方で、もしWeb業界の仕事に興味があるのでしたら、転職してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。Webプログラマーの仕事でしたらプログラミングの経験がまったく無くても就くことができます。ただし、採用されるためにはいくつか条件を満たしている必要があります。ここでは、プログラミング未経験者が採用の際にチェックされるポイントを紹介したいと思います。ぜひ自分で自分をチェックしてみてください。

カテゴリ一覧