Webプログラマー求人を目指す初心者のためのスキルアップ勉強法

初心者からの勉強方法

初心者からの勉強方法

Webプログラマーとしての勉強をするためには、まずは環境を作ることが必要になります。パソコンやネット環境が必要なことは当然ですが、サーバーがないことにはプログラムを実行して動作を確認することができません。サーバーは自分で建てることもできますが、無料でサービスを提供しているところもありますので、そういったサーバーを利用するのもよいでしょう。もちろん有料のサーバーもありますが、有料サーバーの利用は学習を深めてからでいいかと思います。また、学習に使える技術書などを用意してください。初心者向けと書いてあるものを選ぶようにしましょう。

最初にすることは「コードを書くこと」

環境が整ったらスタートです。まずはコードを書くことから始めましょう。多くのプログラミング言語では、「Hello World!」という文字を画面に表示させることがプログラミング学習の最初の一歩として知られています。実際に書くコードは、学習書の最初のほうに掲載されている短いコードでかまいません。本によってはその言語を用いた「Hello World!」の表示のさせ方が載っていることもあるかと思います。上手くいったでしょうか?上手くいかない時は、コードに間違いがないか確認をしたり、エラーメッセージを頼りにしてバグを探してみてください。コードには問題がなくても開発環境が上手くセッティングされていないケースもあります。言語や開発環境、サーバーなどの導入・セッティングが上手くいっているかどうかも確認してみましょう。

プログラムの流れを学ぼう

実際にコードを書いて動かしてみることを繰り返し、エラーが出ずに動くようになったら、次にやることはプログラムの流れを理解することです。本などに書かれたプログラムをそのまま書き写す段階から、意味を理解する段階へと進みます。プログラムの内部では「もし条件と一致するならAに進み、一致しないならBへ進む」といったような論理的な判断によって処理がなされて流れていきます。この流れを理解することにチャレンジしてみましょう。プログラムがどのように流れているのかを知るためには、自分の書いたコードで使われている関数や命令語の意味をきちんと理解し、それらがプログラムを動かす上でどのような役割を果たしているのかを学ぶ必要があります。ここで覚えたことはこの先何度も使いますので、使い方が身に付くまで頑張りましょう。

関数を試してみよう

PHPを学習するのであれば、関数をどんどん学びましょう。公式サイトには関数・メソッドの一覧が掲載されいてますので、知らない関数を潰していくのに便利です。他のプログラミング言語もそうですが、もし初心者向けの学習書を使うのでしたらきちんと最初から読み、途中でプログラムの例が出てきたら必ず打ち込んで実行してみるようにしてください。

何かサービスを作ってみよう

ここまでの学習では関数の動きなどを学ぶことをしてきたわけですが、一通り学んだら、ここまで学んだことを利用してサービスを作ってみましょう。ためしにインターネットの掲示板を作ってみてください。掲示板を作成するためには、まずページを表示させ、書き込みができるようにし、データを削除するなどの機能を持たせることが必要になります。一気に作るのではなく、まずは基本となる画面を作り、上手くいったらデータを読ませて表示させ…といったように、段階を踏んで機能を拡張させていきましょう。

Web業界の最新記事

税理士紹介もある「レバテックフリーランス」

レバテックフリーランスでは、一般的な求人案内では見られない、案件紹介サービスを提供しています。フリーランスエンジニアの多くは、得意なジャンルで活躍していきたい、興味のあるジャンルなのでぜひ挑戦したい、といった自分なりのビジョンを持っています。その気持を応援すると共に、高単価な案件や大手企業の案件といった質の良い仕事を案内。また、履歴書や職務経歴書の作成、面接対策、確定申告のサポートも行っています。なかでも、確定申告に関する税理士の紹介は相場よりお手頃価格で好評です。ぜひ、参考にしてみてください。

初心者からの勉強方法

プログラミングの勉強で一番大事なことはコードを書くことです。どのようなプログラミング言語の勉強をするにもコードを書いてみてプログラムを実行させてみることが一番の勉強法です。とは言え、プログラミングの初心者の方にはどうやって勉強を進めていけばいいのかよくわからないかと思います。そこで今回は、初心者や未経験者の方を対象にプログラミング学習の進め方を紹介したいと思います。環境を整えて実際にチャレンジしてみましょう。

Webプログラマーの適性

ここでは、Webプログラマーの適性について紹介したいと思います。なろうと思えば誰でもWebプログラマーを目指せるものの、適性がなければ、仕事を続けていくのは難しいかもしれません。苦労して身につけたWebプログラミングのスキルが無駄になる…といった事態を避けるためにも、自身がWebプログラマーに向いているか、事前に見極めておきましょう。

Web業界に興味のある学生へ

資格は信頼の証

Webプログラマーとして仕事をするのであれば、関連する資格を持っていると有利になるケースがあります。資格というのはその人が持っている知識やスキルを第三者が保証しているわけですから、あると採用の際に有利になります。現在Webプログラマーとして現場での経験が少なめだという方も、知識やスキルに自信があるのでしたら資格の取得にチャレンジしてみてください。レベルの高い仕事に出会うきっかけになるかもしれません。それではWebプログラマー向けの資格をいくつか紹介していきたいと思います。

独立を視野に入れよう

企業で働いている方の中には今の自分の報酬に満足されていない方がいるかと思います。かなり高いスキルを持っているのにそれが評価されていなかったり、スキルを発揮できる場面がなかったりすると、宝の持ち腐れになってしまいます。フリーランスへ転向すると自分のスキルが報酬へと反映されやすくなりますから、報酬アップを目指すのであればフリーランスを目指してみることをおすすめします。ここではフリーランスになるメリットや、フリーランスになるならぜひ活用したい「エージェント」についても解説します。

未経験で転職するには

現在Web関連とは無縁の仕事をされているという方で、もしWeb業界の仕事に興味があるのでしたら、転職してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。Webプログラマーの仕事でしたらプログラミングの経験がまったく無くても就くことができます。ただし、採用されるためにはいくつか条件を満たしている必要があります。ここでは、プログラミング未経験者が採用の際にチェックされるポイントを紹介したいと思います。ぜひ自分で自分をチェックしてみてください。

カテゴリ一覧